アジアインフラストラクチャー総合研究所


(タイ・バンコク市内)  


Home


総合索引


中国インフラ


九州エリア


高速鉄道


京義線

 ■研究所概要     アジアインフラストラクチャー研究フォーラム    
                      
−只今、法人会員募集中−  


今世紀、最後の超大型プロジェクト!!

日韓トンネル計画の現状(日韓トンネル建設促進委員会
太平洋新国土軸(第2国土軸)、リニア中央新幹線の四国・九州延伸実現へ
※何処よりも、誰よりも 真剣にプロジェクトを熟考。−只今、法人会員募集中


                        Elapse in the conventional Asian freeway(English)

 古来よりユーラシア大陸の東西を結ぶ道として、最もよく知られているのが、俗にいう「シルクロード」(絹の道)である。この道は当時、中国の都・長安から敦煌、楼蘭、サマルカンドなど旅愁を誘う名所を通って、ローマへと至るもの。当時ローマへの最短の距離となり、人の日常の“知恵”をいかんなく発揮した先駆ともいえる。
 国道1号線に掛かるゼー橋(ベトナム)  
  (「ODA民間モニター」平成13年度版)

 本来、ここに近代的な交通網(道路、鉄道)を通したならば、ユーラシアの東西を短時間で住来することができるだろう。しかし今は、航路の方が積載量から割り出した運賃換算からすれば有利となり、大抵は船舶航路となる。

(参照):「アジアハイウェイ・ルート地図」(UNESCAP

 ところで、“シルクロード”より下部(南下)に位置するアジア・ハイウェイを見ると、ベトナムのハノイあたりから、海岸沿いにカンボジア、タイ、ミャンマー、バングラデシュインドと複雑な曲線をとり、さらにパキスタン、アフガニスタン、イランなどを通過し距離もその分延長することになる。しかも雨季の湿地帯における通交不能な地帯(バングラディシュ=一部橋梁計画が進行中〔写真参照〕=など)があり、これらを結ぶことは容易なことではない。

 【従来のアジアハイウェイの経過】

 アジア・ハイウェイは1959年、オーストラリアのブロードビーチで開催された第15回「国連アジア極東経済委員会」(ECAFE、現ESCAP)総会で採択されたもの。

 この道路は41路線からなり、全長は約66,000kmに及び、14路線、約38,000kmを優先道路に指定している。関係国のうち、軍政下のミャンマー(旧ビルマ)の道路整備が最も遅れており、ここを境にバングラデシュから西と、タイから南東の地域に分かれている(その後さらにマレー半島に続く)。

 アジア・ハイウェイの実施にあたっては、各国の財政事情を考慮し、段階的な工事施工を基本としている。またトルコとイランの国境でヨーロッパ・ハイウェイ網に接続され、重要な役割を果たしている。

 1995年には、「新アジア・ハイウェイ」計画が承認を得た。この計画で、一つの焦点となっているのが、中国内のルートである。中国はこれまで、自国の交通政策を最優先してきたが、今回、モンゴルと共に新路線に追加、承認された。

 中国内では現在、北京から秦皇島さらには瀋陽までがアジア開発銀行(ADB)等の融資を受け、2000年の完成を目指して高速道路の建設が始まっている(資料等によればすでに、北京−秦皇島は完成。さらに秦皇島−瀋陽、瀋陽−丹東間を結ぶ路線なども着工されている)。

 今後、残る区間は南北朝鮮半島を縦断して、平壌・ソウル・釜山、そこから日韓海底トンネルで、日本の九州へというルートが想定される。


 アジア・ハイウェイ計画とその将来展望

 1992〜93年:日本政府の資金援助により、拡大地域を含めたアジア・ハイウェイ網の見直しの調査がなされた。

 1993年:専門家会合で、新アジア・ハイウェイ計画案が承認された。路線数29、総延長68,300kmの新計画は、既存の路線を整備・統合し、中国、モンゴルの新路線を追加。

 道路設計基準の改定(1)自動車専用道路の新基準(2)旧基準での七つの分類を、新基準では、四つのタイプに分類(3)旧基準で認められていた砂利道を基準からはずし、二車線舗装道路を最低基準とした。

 1995年:新アジア・ハイウェイ計画は、各国からの承認が得られ、正式に発足。アジアハイウェイは、将来、中央アジア、ロシアとつながる可能性がある。さらには、北朝鮮、韓国そして日本とつながることも夢ではない。

 2002年:これまで、難航を続けていたアジア・ハイウェイのルート選定であったが、2002年5月に行われた専門家会合で原案が固まり、11月に参加国が協定書を結び、実現に動き出す段取りとなった。当初、日本は同プロジェクトに対する最大の援助国でありながら、計画には「不参加」の立場を取っていた。しかし日本政府は、数年以内に決定される「アジア・ハイウェイ」ネットワークの多国間政府協定に参加する意向で、現在、日本国内の「ルート」選定に入っている。



 2003年:アジアハイウェイ「1号線」の起点は東京に、日本の参加決定 【NEW !!】

 東アジアからユーラシア大陸を経てトルコへ至る「アジアハイウェイ」計画への、日本の参加が決まった。11月18日までバンコクで開かれていた「国連のアジア太平洋経済社会委員会」(ESCAP)の専門家会合で採択された「政府間協定」に盛り込まれた。日本の参加で、これまで「韓国・釜山」だった大動脈「1号」線の起点が「東京」となる。「アジアハイウェイ」は、参加国内の基幹路線を国境を越える道路網と位置づける計画。新しい道路を造るのではなく、既存の道路に「アジアハイウェイ」と明記した共通の標識を設ける。協定は2004年4月、上海で開かれるESCAP総会で参加32ヵ国が参加。8ヵ国が批准した段階で発効する。東京が起点となる「1号線」は福岡・ソウル・北京・ニューデリー・カブールからイスタンブールに至る。日本国内では「東名」・「名神」など既存の高速道路が指定される見込み。

 (参照):「About the ASIAN HIGHWAY ROUTE (UNESCAP= 国連アジア太平洋経済社会委員会) 

 
2004年:アジアハイウェイ、32ヵ国中23ヵ国が「合意文書」調印 【NEW !!】
 
ユーラシア大陸の東西を結ぶ「アジアハイウェイ」計画を推進する国連・アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)の定例総会が2004年4月26日、中国・上海で行われ、参加32ヵ国中23ヵ国(日本・中国・ウズベキスタンが署名、20ヵ国が国内批准を前提に署名)が「合意文書」に調印した。その他の9ヵ国(北朝鮮・ロシア・インド・マレーシアなど)は国内事情を理由に署名しなかった。最終的には「8ヵ国」の批准をもって、90日を経て発効する。


アジアハイウェイ網に関する政府間協定

日付:2016年2月9日(火曜日)
タイプ:公式文書

≪概要≫

 アジアハイウェイ網に関する政府間協定は、UNESCAP事務局の後援で開発され、国連事務総長に預託された最初の条約である。アジアの国際ハイウェイと欧州の協調開発の枠組みを提供し、加盟国にネットワークの質を向上させ、運営の効率を高めるための技術的および制度的問題について議論するプラットフォーム(基盤)を提供する。この協定は国際貿易と観光を促進し、さらに地域統合を促進し、国際協力を強化するための重要なツール(機会)である。2003年11月18日にバンコクで開催された政府間会合で採択、2004年4月に上海で署名され、2005年7月4日に発効した

34・アジアハイウェイ網に関する政府間協定
   ≪バンコク、2003年11月18日≫

34. Intergovernmental Agreement on the Asian Highway Network
   ≪Bangkok, 18 November 2003≫


 ≪日本国内のその後の動き≫

 □AH1はアジア高速1号 東京〜福岡で標識設置

 アジア各国を道路で結ぶ国連の「アジアハイウエー」構想に基づき、東京から福岡を経由しトルコまでつながるアジア高速1号に選ばれた日本の高速道路の計18ヵ所に、専用の標識が取り付けられた。標識はアジアハイウエーの頭文字と1号を意味する「AH1」が、白地に黒色で描かれたシンプルなもの。国土交通省の依頼を受け高速道路各社が5月下旬から7月にかけて設置した。「1号」は、"現代のシルクロー" とも呼ばれる全長約2万kmの路線。東京を起点に東名・名神・中国道・山陽道・九州道などを通って福岡に着いた後、フェリーで海を渡って韓国の釜山から北京、ハノイ・カブール・テヘラントルコのイスタンブールの各都市を経由してブルガリア国境までつながる。アジアハイウエーは1959年に国連のアジア地域の経済委員会で計画が採択され、日本は2003年に参加を表明。2005年に路線整備に向けた政府間協定が発効し、5年以内の標識設置が義務付けられていた。2004年時点では32ヵ国を通る55路線が選ばれている。
ーー(「山梨日日新聞」、2010年8月21日=写真:福岡県の九州道上り線に設置されたアジアハイウエーの標識(西日本高速道路会社))

 (参照):「第二東名・名神高速道路の整備計画ルート
       東名・首都高もアジアハイウェイ(AH1)の一部へ



 
《参照サイト》 
           (UNESCAP= 国連アジア太平洋経済社会委員会)




 タイを起点とする既存のアジア・ハイウェイ・ルート

   バンコク市内の交通状況 (タイ)
                 (写真:IHCC)
 アジア・ハイウェイ全長68,000kmのうち、タイ国内には、6ルートある。  (写真参照:バンコクの道路状況

 【A1ルート】
 ミャンマー国境のメーソトからターク、バンパインを経て1号線、33号線を通って、カンボジア国境のアランヤプラテートに至る。全長698km。

 【A2ルート】
 ミャンマー国境のチェンライ県メーサイから110号線、続いて1号線を南下(註)してバンコクを経て4号線を南部に向かい、マレーシア国境のサダオに至る。全長1,945km。
 (註:中国の雲南省・昆明からラオスを通ってタイ北西部のチェンライ県に至る「道路」の建設が実現化に向けて動き始めた=参照:本欄「中国・昆明〜タイ・バンコクを結ぶ道路実現化へ」

 【A3ルート】
 A2ルートからチェンライ県をラオス国境のチェンコンに走る。全長115km

 【A12ルート】
 AIルートのヒンコンから1号線をサラブリまで来て、2号線をナコンラーチャシー マ、コンケン、ウドンタニ、ノンカイに至る。全長524km。

 【A15号ルート
 ウドンタニのA12号から22号線を通ってサコンナコン、ナコンパノムに至る。全長241km。

 【A18号ルート】
 ハジャイでA12号から43号線、42号線、4056号線を経てマレーシア国境のスンガイコロクに至る。全長275km。

3人掛けコーナーカウチソファ【Vivante-ヴィヴァンテ】 ライトグレー/ホワイト

3人掛けコーナーカウチソファ【Vivante-ヴィヴァンテ】…

\49,906(税込)

【ご注意事項】・商品注文後のキャンセルや返品は承りかねます。・配送希望日時指定は承ることができませんのでご了承ください。・商品は玄関での引き渡しとなります。室内への搬入や組立設置は承ることができません。・下記のような場合等に追加送料をいただく可能性がございます…

拡大画像を見る

寝具専用のコーナー≫≪宝飾のコーナー≫≪雑貨(サイクル・etc)


●○●○英語でキャリアアップを目指す方必見『The Japan Times』●○●○  
ジャパンタイムズのClassified Adsには外資系を中心に      
国内外の優良企業の求人広告を多数掲載しています。     
自分の実力を国際的な分野で発揮したいと思っている方 お申し込みはこちらです。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

御社も企業バーナー広告を掲載してみませんか !!
お問合せ:企業広告宛(アジアインフラストラクチャー総合研究所)



    (参照):本欄「バンコクの道路インフラ状況
    (参照):本欄「バンコク首都圏の鉄道整備状況
    (参照):本欄「東南アジアの在来鉄道状況

 (参照サイト):タイ高速道路公団(English)
         タイ国政府観光庁
         :
タイに対する日本の「ODA」案件(外務省ホームページ)
         UN ESCAP-Asian Highway Home Page

 (参照サイト):
インドシナ3カ国の道路整備状況−カンボジア・ベトナム・ラオス−



サイトのご利用について (著作権・リンク・免責事項等)